プロフィール

瀬崎史遊

Author:瀬崎史遊
同人歴はそこそこ長いが、だからと言って何か代表的にやってきたと言えるほどではない適当気侭な性格。
最近は同人活動のエネルギーが枯渇して、創作よりオトメイトさんとコーエーさんと親しくさせてもらう日々。
その中で、自分は正義側正統派元気キャラより、敵側S系陰険キャラの方が好きなんだと改めて自覚し、その歪んだ嗜好に『恋愛ゲーム好き』とも言えないんじゃないか、と思ったりしている。
単に加齢により性格が歪んでいるだけかな?
追記:最近なんだか、コメントが辛辣になってきたかも(⌒▽⌒;)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬夜叉完結篇

犬夜叉アニメーション完結篇、巻数で行くと54巻の最終決戦に突入です。
ついこの間、いつ始まるんだとか、冥界篇はどんな感じになるんだろうかとドキドキしてましたが、もう間もなく終了ですね
早いものです。
前アニメシシーズンに比べ、原作にかなり忠実ですし、はしょってるところもありますが、格段の差で殺生丸の出番が多いので、放送時間がしょっちゅう変更される割りには、きちんと観ています
まぁ、諦めていたアニメ化だし、総じて観れるだけでも幸せなんですが・・・

以下、アニメネタバレになります
でも、時々、『うわぁ』と思う表現があり、TV画面に突っ込む(関西属性なので)こともしばしば
『冥界編』の「この腕は…、刀を振るうためのものだ」のカットと、調子外れな抑揚の「もう大丈夫だ」には、相当な衝撃を受けましたが、原作で言うところの54巻、曲霊に攫われたりんを殺生丸が探しに行くくだりの、殺生丸の飛行体勢・・・
○腕アト○?
ものすごくシリアスな場面なんですが、ひきつり笑いなくして見ることができませんでした
いまだかつて原作上では“足を揃えて飛ぶ”殺生丸を私は見たことがありません
殺生丸の靴の裏側がきっちり揃っているのは、観たくなかったかも
それに、殺生丸のモコモコが貧相になったような気がするのは、私だけでしょうか?
なんか、大昔、お立ち台に立って踊っていたお姉さま方の羽根ショールみたく見えますわ
スポンサーサイト

<< 投票を作ってみました♪ | ホーム | 『想月ノ歌』通販について >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。