プロフィール

瀬崎史遊

Author:瀬崎史遊
同人歴はそこそこ長いが、だからと言って何か代表的にやってきたと言えるほどではない適当気侭な性格。
最近は同人活動のエネルギーが枯渇して、創作よりオトメイトさんとコーエーさんと親しくさせてもらう日々。
その中で、自分は正義側正統派元気キャラより、敵側S系陰険キャラの方が好きなんだと改めて自覚し、その歪んだ嗜好に『恋愛ゲーム好き』とも言えないんじゃないか、と思ったりしている。
単に加齢により性格が歪んでいるだけかな?
追記:最近なんだか、コメントが辛辣になってきたかも(⌒▽⌒;)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とっても今更な【うたの☆プリンスさまっ♪】キャラレヴュー・プリンス篇 Aクラス

と、言うことで、今更ながらの超有名乙女ゲームタイトル【うたの☆プリンスさまっ♪】のキャラレヴューです
長くなるので、こちらでは、とりあえずAクラスの一十木音也、聖川真斗、四ノ宮那月です。

キャラレヴューの前に、総論めいたものを
一応
【うたの☆プリンスさまっ♪】
【うたの☆プリンスさまっ♪SweetSerenade】
【うたの☆プリンスさまっ♪Debut】
【うたの☆プリンスさまっ♪AllStar】
(【AmazingAria】【Music】【Music2】は未購入)の全キャラ恋愛ルートは、恋愛または大恋愛ルートの一つはクリアしました
…って、キャラレヴューを途中まで書いて、【うたの☆プリンスさまっ♪Debut】の一十木音也ルート、ノータッチだったってことに気がつきました

閑話休題

このゲーム、音ゲー部分が致命的にできなくて放置していたのですが、一気に4ゲームをすることで、何とかeasyモードですが、音ゲー部分をクリアに必要なレベル程度はできるようになりました
音ゲームの難易度設定とルートクリアや隠しルートとかが無くてよかった
瀬崎は音符もまともに読めませんが、このゲームシリーズの楽曲はかなりの優れものと思います。
キャラソン的な側面もあるので、歌詞は(わざと)微妙なものもありますが、メロディーやアレンジはそれぞれ特徴的で個性のあるものがあり、ゲーム中では1コーラスしかないのですが、全コーラス聞きたいと思わせる曲も多々ありました・・・ので、Amazonポチを数枚してしまいました
Aクラスの三人で歌うオーディションソング『永遠のトライスター』『無限のトリニティ』
リズム感が凄く良いですね♪

ものすごくいまさらですが、声優さんって歌上手いですね

宮野さんはアニメ主題歌で聞いたことがあったので知っていましたが、キャラソンが苦手で、ゲームやアニメーションの挿入歌でしか聞いたことがなかったので、声優ファンの方々には叱責を受けるかと思いますが、改めて認識しました
歌っている声と台詞を演じている声が微妙に違うのも良いですね

【一十木音也】CV:寺島拓篤さん
元気系、スポーツ系アイドルでしょうか?瀬崎的には攻略時には後回しとなるキャラ設定なので、どのゲームでも主要キャラタクター攻略後に、来栖翔君と同じく、少々飛ばし気味にプレイしましたが、最後までクリアしました
でも、今までならルートを開くこともなく、最初から放置してしまうパターンが多かったのですが、キャラクター設定や声優さんの声質が好みでないとしても、最後までしたいなと思わさせるゲームなので、特に苦も無くクリアできました
我ながら本当に珍しい
犬で例えたら、遊び好きのビーグルか元気な柴犬かな?
走って走って、いきなり突き当りにぶちあったってから悩むタイプだけど、結局は自分で道を探し当てて、また突っ走って、結果的には良い方へ解決しちゃう、強運と芯の強い心根のタイプではないかと思います。
だから、ハルちゃんへの思いも結構空回りしてるのではないかな?それに、いきなり後ろも見ずに突っ走るので、彼女は振り回され続けるかと。
ハルちゃんが寛容な性質でよかったね、音也
生い立ちの謎が髪の色にあるようですが(笑)、そこは微妙に否定したいものもあるなぁ

【聖川真斗】CV:鈴村健一さん
理知系、貴族系アイドル?【うたの☆プリンスさまっ♪】では、まずこのキャラクターから始めました
最初は「なんで、いまどきオカッパ?」と思わなくもなかったのですが、見慣れれば案外素敵に見えました(失礼)
確かに、あの髪型だったら着物も似合いそう。ついでなら、京都育ち設定なら、鈴村さんの関西弁の台詞も聞きたいかも
ビジュアル的には一ノ瀬トキヤの次に好きなタイプでしたし、性格的にも瀬崎はこういった理屈をこねるタイプが好きなので、どのゲームも一ノ瀬トキヤ→聖川真人→神宮寺レンの順で攻略していました(一ノ瀬トキヤは【うたの☆プリンスさまっ♪】では一十木音也攻略後)
このゲームを一気にするにあたって、アニメーションの第一シーズンの1000%と第二シーズン2000%も並行して観たので、彼のキーワードである〝財閥の跡継ぎ〟問題が少々前後したりごちゃまぜになったりしてしまいましたが、Debutの時点でも、問題は本当に解決したのかな、って少々感じました。
アニメーションの真斗の方が、ビジュアル的にも精神的にも大人感は強かったように思います
悩んだり、ハルちゃんを泣かせた割に?な感じもしなくもなく
曲は【うたの☆プリンスさまっ♪】の「騎士のKissは雪より優しく」はリズムラインやアレンジが一番好みです。歌詞は微妙ですが

【四ノ宮那月】CV:谷山紀章さん
天然系、天才系+天災系キャラですね。
瀬崎は谷山紀章さんと言うと、『金色のコルダ』の月森蓮のイメージがあって、落ち着いたどちらかと言うと冷たい感じの声だと思っていましたが、少し前に『AMNESIA』のイッキと『PrincessArthur』のガウェインをほぼ同時期にすることがあって、この方の声質の種類の多さと演技力に驚いていたのですが、こちらの那月もかなり瀬崎の貧弱な声優メモリーファイルを更新することになりました。
好みとしてはどちらかと言うと砂月なんですが(笑)
天然キャラ系は案外苦手なので、那月の傍若無人とも思える言動は微妙にしてしまうんです。
砂月を作ってしまうぐらい繊細で、そのせいで周囲を振り回すのも、実社会でそんな人に振り回されている瀬崎的には、少々マイナスポイント。
でも、嫌いじゃないです。
共感できる部分もありますし。
谷山さんは武道館ライブをするぐらいの実力者ですので、歌の善し悪しについては今更です
【Debut】の「TopStarRevolution」はノリがすごくカッコイイので好きです
ぐいぐいと語りかけ、踊りたくなるような曲です。

さて、以下、音楽の成績はごくごく普通の瀬崎が言うことですので、独断と偏見とお考えになってお読みください
歌については、柔らかい声質の宮野さんに比べると、谷山さんはかなり迫力と言うかボリュームがあります。
どちらが上とか言うのではなく、バラードとハードロックのように対極とでも言うのでしょうか。
宮野さんの声質ではハードロックやメタルロックは少々不向きかとも思うのですが、ポップスやバラードは、あの甘い語りかけるような歌い方は非常にマッチしていると思いますし、一ノ瀬トキヤのビジュアルにも非常にあっている。
逆に、谷山さんの力強い声質では、ロックの合間のセレナーデやバラードとしては十分な質であると考えますが、単独でバラードを謡うとしたら、宮野さんにはかなわないのではないか、とも思います。
前述の「TopStarRevolution」のように、ぐいぐいひぱっていくような谷山さんの歌唱は、ライブでダンスやジャンプしながら聞きたい、と思わせるんですよね
そういう意味においては、この【うたの☆プリンスさまっ♪】シリーズは、楽曲と声優さんの声質や歌い方を非常に考えて組み合わせてあるな(それが七海春歌と言う少女の実力なら凄まじい才能!)、と思いました
スポンサーサイト

<< 【忍び、恋うつつ】すっ飛ばしレヴュー♪ | ホーム | 今更レビュー【うたの☆プリンスさまっ♪ -Sweet Serenade-】【All Star】【Debut】 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。