プロフィール

瀬崎史遊

Author:瀬崎史遊
同人歴はそこそこ長いが、だからと言って何か代表的にやってきたと言えるほどではない適当気侭な性格。
最近は同人活動のエネルギーが枯渇して、創作よりオトメイトさんとコーエーさんと親しくさせてもらう日々。
その中で、自分は正義側正統派元気キャラより、敵側S系陰険キャラの方が好きなんだと改めて自覚し、その歪んだ嗜好に『恋愛ゲーム好き』とも言えないんじゃないか、と思ったりしている。
単に加齢により性格が歪んでいるだけかな?
追記:最近なんだか、コメントが辛辣になってきたかも(⌒▽⌒;)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今更レビュー【うたの☆プリンスさまっ♪ -Sweet Serenade-】【All Star】【Debut】



ものすごく今更シリーズ(笑)の【うたの☆プリンスさまっ♪ -Sweet Serenade-】【All Star】【Debut】です。
先日、何を思ったか棚でホコリをかぶってた【うたの☆プリンスさまっ♪】をプレイして、なんとなく音ゲーにちょっと自信がついたのと、宮野真守さんの一ノ瀬トキヤが結構好みだったのと、【うたの☆プリンスさまっ♪】では攻略対象でなかった遊佐浩二さんの日向龍也が攻略対象と来たので、『やってみよー』と無謀にも買っちゃいました
【-Sweet Serenade-】は【うたの☆プリンスさまっ♪】のファンディスクで、攻略対象はSクラスの3名と先生2人
これより先に発売されたAクラス3名と愛島セシル+シャイニング早乙女()の【うたの☆プリンスさまっ♪ -Amazing Aria-】は無理っぽいので手を出していません・・・、と言いながら、その後の【うたの☆プリンスさまっ♪All Star】【うたの☆プリンスさまっ♪Debut】(発売はDebut→All Star)買っちゃったんですが

うたの☆プリンスさまっ♪ -Sweet Serenade-(初回限定版)うたの☆プリンスさまっ♪ -Sweet Serenade-(初回限定版)
(2011/02/10)
Sony PSP

商品詳細を見る


うたの☆プリンスさまっ♪All Star(初回限定Super Shining Smile BOX:特典CD/冊子同梱)うたの☆プリンスさまっ♪All Star(初回限定Super Shining Smile BOX:特典CD/冊子同梱)
(2013/03/07)
Sony PSP

商品詳細を見る


うたの☆プリンスさまっ♪Debut (初回限定版 Dear Darling BOX) (ドラマCD&特典小冊子同梱)うたの☆プリンスさまっ♪Debut (初回限定版 Dear Darling BOX) (ドラマCD&特典小冊子同梱)
(2012/05/24)
Sony PSP

商品詳細を見る



現時点では
【うたの☆プリンスさまっ♪ -Sweet Serenade-】Sクラス3名と先生2名の大恋愛ENDのみコンプリート
【うたの☆プリンスさまっ♪All Star】黒崎蘭丸、カミュ、日向龍也の恋愛ENDと月宮林檎の後輩ENDを終了
【うたの☆プリンスさまっ♪Debut】一ノ瀬トキヤと聖川真斗の恋愛ENDを終了で現在進行中

【Sweet Serenade】は同級生と先生、【Debut】は愛島セシルを含む同級生、【All Star】は先輩と先生が攻略対象になりますが、糖度からすると【Sweet Serenade】→【All Star】→【Debut】な感じです
瀬崎の目的が一ノ瀬トキヤと日向龍也なので、気に入り度は【Sweet Serenade】→【All Star】→【Debut】
で、びっくり度が(笑)、設定に【All Star】→トキヤの豹変に【Sweet Serenade】→【Debut】

ゲーム自体ほったらかしのまま、アニメ(それも2000%の方)を観たので、観ていてもところどころ『?』な部分はあったのですが、【All Star】で設定にかなり( ̄□ ̄;)な顔をしながらゲームをしてしまいました

本来、このゲームはアイドルとそのパートナーとして限られた期間で曲を完成させてデビューをしなければならない、と言うテーマがあり、それは、ある程度のリアルさがあります
ま、影の主人公たるシャイニング早乙女のぶっ飛びと、愛島セシルの設定も、何とかギリギリで(笑)
でも、カミュと美風藍は
いや、まー、アイドルなんて、ある意味ファンタージーな存在なんですが

でもね、面白いんですよね、その想定外の設定さえ
やっぱりビッグタイトルなだけはあります

それぞれのキャラソンは相変わらずの中二病的な歌詞は置いておくと、結構面白くなっています
音ゲー部分の難しさは、反射神経の鈍い瀬崎的にはあまり変わりませんが、『必死にやれば何とかなる』ぐらいにはなりました。
ただ、【All Star】の月宮林檎ルートだけは恋愛ENDにできない・・・

キャラに関しては、また別に掲載する予定です
スポンサーサイト

<< とっても今更な【うたの☆プリンスさまっ♪】キャラレヴュー・プリンス篇 Aクラス | ホーム | 【花咲くまにまに】ちょこっとレビュー >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。