プロフィール

瀬崎史遊

Author:瀬崎史遊
同人歴はそこそこ長いが、だからと言って何か代表的にやってきたと言えるほどではない適当気侭な性格。
最近は同人活動のエネルギーが枯渇して、創作よりオトメイトさんとコーエーさんと親しくさせてもらう日々。
その中で、自分は正義側正統派元気キャラより、敵側S系陰険キャラの方が好きなんだと改めて自覚し、その歪んだ嗜好に『恋愛ゲーム好き』とも言えないんじゃないか、と思ったりしている。
単に加齢により性格が歪んでいるだけかな?
追記:最近なんだか、コメントが辛辣になってきたかも(⌒▽⌒;)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【AMNESIA】【AMNESIA LATER】キャラレビュー

4名+隠し1名の攻略キャラクターですが、瀬崎は以下の順で【AMNESIA】を攻略しました
隠しは4名攻略後しかできないので、5番目は必然です

1 ケント  CV:石田彰さん
2 イッキ  CV:谷山紀章さん
3 シン   CV:柿原徹也さん
4 トーマ  CV:日野聡さん
5 ウキョウ CV:宮田幸季さん

では、ざくっとキャラレビューを
ケント  CV:石田彰さん
石田さんのCVは【十三支演義】の劉備以来ですが、劉備がこども声だったので、この大人声のケントは結構嬉しくプレイできました
くどいぐらいのケントの台詞と石田さんの理知性に富んだ声質がすごくマッチしていました
ケントはいわゆる学者バカの不器用な朴念仁ですが、非常に誠実な人柄がプレイをしながら伝わってきますが、服装のセンス(設定)が一番おかしくて、プレイ中ずっと違和感が大きかったかな
この世界自体が季節がおかしい設定なので、全員の服装が全く季節感がないのですが、一番それが甚だしいのがケント
と言うか、ケントの服装は学者バカだろうがなんだろうが、かなり変
ストーリーは不器用カップルの紆余曲折話、と言う感じで、最初にこのストーリーをしたのは正解だったかもしれません

イッキ  CV:谷山紀章さん
谷山紀章さんは超がつくぐらいベテランの声優さんで、谷山さんのCVのゲームは持っていますが、最後までしたゲームは【金色のコルダ】の月森蓮と、つい先日プレイしたばかりの【Princess Arthur】のガウェインぐらいしかなかったのですが、三者三様のキャラクターをきっちり使い分けることのできる声優さんだと、改めてわかりました
特に直近でプレイしたガウェインは無骨者であったのに対し、今回(ゲーム自体の作成年月日は逆ですが)のイッキは非常にセンシティブな役柄をきっちり演じてられたので、最初はとても同じ声優さんとは思えませんでした
イッキの設定は、他のキャラに比べるとややファンタジー要素がありますが、それ自体は特にキーポイントにはなりません
服装は、ケントとウキョウに次いで微妙
でも、瀬崎的にはこのルートは結構面白くプレイできました

シン   CV:柿原徹也さん
ちょっとぶっきらぼうで乱暴な言動の年下幼馴染で、柿原さんはそれを独特な抑揚の乏しい口調で表現されてました
シンが一番精神的にも肉体的にもアクティブなキャラですが、そのあたりは年下で焦っている感じがあって結構面白く、〝記憶喪失〟や〝記憶探し〟については彼のルートが【AMNESIA】と言う標題に沿い、わかりやすいストーリー展開だと思います
いろいろ反省すべき点の多い彼ですが、年相応な暴走だったのかな、などとオバサン的な生温かい目で見てしましました
見た目のかっこよさよりかわいさが目立つキャラクターでした

トーマ  CV:日野聡さん
瀬崎が記憶している日野さんの担当されたキャラクターは割合乱暴系が多かったのですが、今回のトーマは〝おにいちゃん〟キャラでした
トーマのキャッチフレーズが<慈愛と狂気のダイヤ>で、優しく鷹揚な表面と強い独占欲と庇護欲に支配される二面性を、時には優しく、時には冷徹に演じておられました
結構、主人公にほぼ犯罪に値する酷いことをするのですが、赦すというより赦さざるをえないのが、このトーマの危ういまでの誠実さ、真摯さなのでしょうか
このルート、一番好きかな

ウキョウ CV:宮田幸季さん
この物語の始まりにして結末となるルートです
が、たいへん申し訳ないのですが、宮田幸季さんの声質は瀬崎は非常に苦手なタイプで、【遥かなる時空の中で】からずっと宮田さんのお声は知ってますが、まともにプレイしたのは【遥かなる時空の中で3】の武蔵坊弁慶ぐらいしかなく、今回もすっ飛ばしそうになりましたが、このルートをしないと、この物語の根本が謎のままなので最後まで頑張りました
他のルートでは狂言回しやもしくはお邪魔キャラ、正体不明の不思議キャラなのですが、ウキョウルートではこの物語の謎が全て明かされますから、このゲームをするのであれば、必ずこのルートもやり終えなければならないと思います
ウキョウ自身は非常に哀しいキャラクターですが、ある意味とてもはた迷惑なキャラクターでもあり、このルートをプレイしながらも感情移入はなかなかできませんでした
ファッションもかなり奇抜
宮田さん以外が演じられても、この感覚は変わらないかな
スポンサーサイト

<< 【はつカレっ☆恋愛デビュー宣言!】つまみ食いレビュー♪ | ホーム | 【AMNESIA】【AMNESIA LATER】今更の作品レビューw >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。