プロフィール

瀬崎史遊

Author:瀬崎史遊
同人歴はそこそこ長いが、だからと言って何か代表的にやってきたと言えるほどではない適当気侭な性格。
最近は同人活動のエネルギーが枯渇して、創作よりオトメイトさんとコーエーさんと親しくさせてもらう日々。
その中で、自分は正義側正統派元気キャラより、敵側S系陰険キャラの方が好きなんだと改めて自覚し、その歪んだ嗜好に『恋愛ゲーム好き』とも言えないんじゃないか、と思ったりしている。
単に加齢により性格が歪んでいるだけかな?
追記:最近なんだか、コメントが辛辣になってきたかも(⌒▽⌒;)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【三国恋戦記~オトメの兵法~(PC版)】 キャラクターレビュー魏編

私の好きな魏編です
魏編では攻略キャラクターは、孟徳と文若の2名ですが、過去の記事で書いたように2名とも発売時にも攻略しています

孟徳 CV森川智之さん
文若 CV竹本英史さん

史実で言うところの、孟徳=曹操孟徳、文若=荀文若ですね
攻略キャラではありませんが、私が三国志の中で一番好きな武将である元譲=夏候惇元譲(CV三宅健太さん)も重要な脇役として出てくるので、その点も個人的には嬉しい限りでした
では、史実ネタバレを含む(笑)攻略キャラ2名のレビューを



孟徳 CV森川智之さん

有名な月旦評の言う『子は治世の能臣、乱世の奸雄』として、基本的には冷酷無比な色好みの悪漢(主に三国志演義から)のイメージが強いのですが、Wiki等で紹介されているように、当時の最先端を行く、戦略家・政治家、詩人(ポエムでなく漢詩)であり、現在も伝わる兵法書『孫子』は1800年前の曹操の編集によるものから、三国志の残り二国の盟主よりは、遙かに個性も実力も豊かだったと思います
ま、そんな、瀬崎の曹操うんちくはこのあたりにしても、実際、最初からこのキャラクターが目的で、このゲームを買ったようなものなので、Amazonで豪華版を買ってplayをしてから、ますます孟徳に異様にはまりまして、Amazonにはない各店舗特典のCDをオークションで買ったりして財布がエライことになってしまいました

このゲームでは“三国志に似た世界”であるため、史実はかなり端折ったり、ゲームの進行によっては改竄されたりするのですが、この孟徳に関しては、キャラクターの深みを持たせるためにか、実際の曹操孟徳が経験した史実も織り交ぜてあり、蜀編では結構お座なりにされていた“三国志らしいエピソード”がちらちら見えて、なんちゃって三国志フリークの瀬崎も時折ニンマリとしておりました

孟徳の主人公への執着は、最初は計算高い部分から来ているのだろうとわかるのですが、経時的に主人公への執着が愛へ変わるきっかけがちょっと不明でしたが、森川さんの幅の広い演技力のおかげで、その点は他のキャラに比べると違和感なく、ちょっとドキドキもありつつストーリーは展開します
残り二国の盟主に比べると、孟徳はこの時点で確固たる地位を築いており、迷いらしいものはほとんどなく、主人公にはあまり逡巡する暇はありません。そして、孟徳の優しい口調とは裏腹な行動は、主人公を戸惑わせたまま終章に向かわせます
このゲームのなかでは、孟徳のストーリーが一番ドラマチックだった、と思うのは、贔屓の引き倒しだけではないと思うのですが、さて・・・


文若 CV竹本英史さん
史上、『王佐の才』、曹操をして『我が子房(漢の名参謀張良)』と言わしめながら、後年は自殺または、曹操に殺害されたと言われる、曹操の覇業の一翼を担った政治家・参謀の荀文若がモデルなだけあって、ストーリー全体に暗い影が見え隠れしています

CV竹本さんの声質が沈んだ理性的なもので、軽めの声で演じておられる森川さんと、渋い武骨な演技をされる元譲役三宅健太さんの三人で上手くバランスが取れているように思います
このストーリーにおいての主人公の立場はわかりやすく、恋愛感情より、理性、忠誠心と言ったものがやや目立ちます
つまり、お色気はほとんどない
文官だけあって、このストーリーは戦場からやや距離があり、また、ビジュアルが地味目である分、ちょっと地味なイメージの、このゲームのなかでは一番理性的な展開でしたが、私は嫌いではないお話でした
ただ、孟徳編はドラマチックこの上ないので、孟徳編よりは先にした方が良いかもしれません
孟徳編の最重要シーンにこの人がちらっと声だけ出てる、と思ったのは、勘違いではないはず
スポンサーサイト

<< 【三国恋戦記~オトメの兵法~(PC版)】 キャラクターレビュー呉編 | ホーム | つまみ食いレビュー【BROTHERS CONFLICT Passion Pink】 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。