プロフィール

瀬崎史遊

Author:瀬崎史遊
同人歴はそこそこ長いが、だからと言って何か代表的にやってきたと言えるほどではない適当気侭な性格。
最近は同人活動のエネルギーが枯渇して、創作よりオトメイトさんとコーエーさんと親しくさせてもらう日々。
その中で、自分は正義側正統派元気キャラより、敵側S系陰険キャラの方が好きなんだと改めて自覚し、その歪んだ嗜好に『恋愛ゲーム好き』とも言えないんじゃないか、と思ったりしている。
単に加齢により性格が歪んでいるだけかな?
追記:最近なんだか、コメントが辛辣になってきたかも(⌒▽⌒;)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つまみ食いレビュー【Wand of fortuneⅡ~時空に沈む黙示録~】

【Wand of fortuneⅡ~時空に沈む黙示録~】
攻略キャラ:
ビラール CV高橋広樹さん
アルバロ CV鈴木健一さん 【Wand of fortune】(←以降WOF1)の続編で、主人公が登場人物中最強の能力を保持している状況から始まります
WOF1に置いてはビラール、アルバロ、エストの、どちらかと言うとあくの強いキャラのみ攻略しており、その他の“同級生”キャラクターはいずれと思いそのまま放置してましたが、このゲームは非常にビジュアルが優れていて、気に入っていたので2を迷わず購入し、ビラールとアルバロを攻略しました

二人とも主人公より年上で、また、その生い立ちに置いて“一般的ではない家庭環境で育った”せいで、途中からセリフ回しがかなり変わる、ある意味ギャップ萌え系でしょうか

ビラールは21歳、外国人留学生と言う設定で、普段は丁寧な片言言葉でしゃべるのですが、あるきっかけで、非常に流暢にしゃべり出すと、王族らしく尊大且つ、大人の色気の大サービスになります
ただ、2の方が1に比べるとお色気ゲージはややdownし、その変わり、王子、王族としてのroyalduty要素が色濃くなり、従って、恋愛要素もやや低めで、主人公ルルの方がむしろ攻め側に転じています

対して、アルバロは、逆に一般人化、と言うか、ルルに対する執着=愛情をかなり意識して、1に比べるとルルに対しては誠実に対処しています(あくまでルル本人だけにですが)
1の時の、抜身の剣のようなひりひりした緊張感がなくなっていたのは、少し物足りなかったかもしれません
あと、キャラの性質設定上でしょうか、ストーリー展開が過酷な方へ進むので、アルバロ編の時のアウィス三姉妹の扱いが酷い・・・
取り立てて好きなキャラクターたちではないのですが、あれはないわ、と思いました

隠しキャラ扱いの立花慎之介さんの新キャラ(1に置いては名前だけ登場)まで道は遠いけど、ボチボチ攻略して行く予定です

今年中に、ファンディスク【ワンド オブ フォーチュン2 FD 〜君に捧げるエピローグ〜】が発売されるようですが、モルガナ様の声優さん廃業されたんですね・・・。
とても雰囲気のある品の良い響きのある声質の方だったので、残念です
スポンサーサイト

<< つまみ食いレビュー【ときめきメモリアルGirls side premium 3rd story】 | ホーム | つまみ食いレビュー【遙かなる時空の中で5 風花記】 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。