プロフィール

瀬崎史遊

Author:瀬崎史遊
同人歴はそこそこ長いが、だからと言って何か代表的にやってきたと言えるほどではない適当気侭な性格。
最近は同人活動のエネルギーが枯渇して、創作よりオトメイトさんとコーエーさんと親しくさせてもらう日々。
その中で、自分は正義側正統派元気キャラより、敵側S系陰険キャラの方が好きなんだと改めて自覚し、その歪んだ嗜好に『恋愛ゲーム好き』とも言えないんじゃないか、と思ったりしている。
単に加齢により性格が歪んでいるだけかな?
追記:最近なんだか、コメントが辛辣になってきたかも(⌒▽⌒;)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つまみ食いレビュー【スカーレッドライダーゼクス】

【スカーレッドライダーゼクスⅠ+FDポータブル】 
攻略キャラ:霧澤タクト CV宮野守さん

スカーレットライダーゼクスは、変身戦隊もので、2010年にPS2で販売されたゲームです。
当時、そこそこ評価が高く、実は中古でPS2ゲームを購入したのですが、PS2やPS3のようにTV画面でのゲームはしんどくなってきており、購入後そのまま放置していたのですが、このたびPSP移植が決まり、購入することにしました。
お目当ての声優さん安元洋貴さんは悪役で、攻略キャラではないので、ビジュアル的に好みであり、まず宮野さんのキャラなら間違いないだろうということで、この霧澤タクトにしました
理論派クールタイプですが、このゲーム全体に漫才チックなセリフの掛け合いがあり、宮野さんの早口の突っ込みと天然ボケセリフの呼吸が非常に上手く、何度も吹き出しました
そして終盤の甘く切ないセリフの連続には、涙腺崩壊
宮野守さんのアニメーションやゲームは、なぜかあまり縁がなかったのですが、お芝居の巧みさには恐れ入りました
ストーリー的には、また1人しか終わってないので、矛盾点とか疑問点とか無きにしもあらずですが、ゲーム自体はしっかりした構成になっている印象です
そう言えば、金色のコルダ3の宮野さんのキャラ、天宮静の芝居でも涙腺刺激を受けた記憶がある
宮野さんのあの“泣き”で迫られたら、どんな強い意志でも180度転換しそうです
スポンサーサイト

<< つまみ食いレビュー【エルクローネのアトリエ】 | ホーム | ちょこっとつまみ食いレビュー >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。