プロフィール

瀬崎史遊

Author:瀬崎史遊
同人歴はそこそこ長いが、だからと言って何か代表的にやってきたと言えるほどではない適当気侭な性格。
最近は同人活動のエネルギーが枯渇して、創作よりオトメイトさんとコーエーさんと親しくさせてもらう日々。
その中で、自分は正義側正統派元気キャラより、敵側S系陰険キャラの方が好きなんだと改めて自覚し、その歪んだ嗜好に『恋愛ゲーム好き』とも言えないんじゃないか、と思ったりしている。
単に加齢により性格が歪んでいるだけかな?
追記:最近なんだか、コメントが辛辣になってきたかも(⌒▽⌒;)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょこっとレビュー【遥かなる時空の中で 5】

夏以降、いろいろ乙女ゲームを購入してますが、今のところ、まともに最後までしたのが【二世の契り~想い出の先へ】ぐらいしかなく、非常にもったいないことをしてるなぁ、と思っています

あ、そう言えば【遥かなる時空の中で5】は最後まで頑張ってしました(バカw)
細かい人物レビューはまたのこととして、【遥か5】は思ったより(失礼)面白かったので、結構一気にできました
昔からの【遥か】ユーザーならご存知かと思うのですが、この【遥か5】で1~4までの声優陣がほぼ一新されてしまい、それまでの【遥か】ファンから反発があった作品です。
私自身も古くからのユーザーだったので、その感覚はあった上に、今回の【遥か5】はあまり存じ上げない声優さんもいたので、購入意欲があまりなく、発売直後ではなく、それなりに時間がたってから通常版を購入しました
実は【遥か4】も今年になってからやり始め、途中で止まっていたので、4を終えてからやろうと思っていたのですが、雑誌で水野十子さんの連載が始まったので、とりあえずやってみることにしました

源平合戦をモチーフにした3を除く今までのシリーズと違って、5は実在の歴史上の人物が主で、声優さんのなじみは薄くても、登場人物の名前になじみがある分、案外すんなりゲームに打ち込めました

以下、ちょっとネタバレ含みレビューです

例により、1周目は通常end(どちらかというとunhappy end)で、以降全員攻略後、大団円end、と言うのが3以降の【遥か】シリーズの定番です
時間はやっぱりかなりかかりますが、1周目以降はRPG要素を成長させながら、各キャラの話を進め、これもいったんunhappy endを迎えてから、最終のhappyendを迎えるのが基本コースです

歴代の神子の中では、なんといっても今回の主人公ゆきが今までで一番かわいい
そして健気なんですね
1と2の主人公はほぼ無色のキャラクターで、3は超勝気な戦士気質(笑)、4ははっきり言って目的意識の中途半端な感じだったんですが、5の主人公は戸惑いながら自分の位置を探り、倒れそうでいながら這いつくばってでも目的を遂げようとする強さもあって、容姿の儚さと相まって、ビジュアル的にも全5作中一番気に入りました
一番の気に入りエピソードは高杉晋作、次は福地桜智と天海
これはちょっと涙が
基本、私は正統派元気キャラやお子様(年下)キャラが苦手なので、上記2名がやっぱり気に入ってしまいました

惜しいのは、歴代【遥か】シリーズと同じく、フルボイスじゃなかったことです
同じコーエーの【アンジェリーク】シリーズではフルボイスシステムがあるんですが、【遥か】シリーズにはまだなのが残念
来春【遥か5】の新作(ファンデスク)が出るそうなので、ちょっと楽しみにしています
スポンサーサイト

<< ちょこっとレビュー【アンジェリーク魔恋の六騎士】 | ホーム | 【二世の契り】 キャラクターレビュー≪その1≫ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。