プロフィール

瀬崎史遊

Author:瀬崎史遊
同人歴はそこそこ長いが、だからと言って何か代表的にやってきたと言えるほどではない適当気侭な性格。
最近は同人活動のエネルギーが枯渇して、創作よりオトメイトさんとコーエーさんと親しくさせてもらう日々。
その中で、自分は正義側正統派元気キャラより、敵側S系陰険キャラの方が好きなんだと改めて自覚し、その歪んだ嗜好に『恋愛ゲーム好き』とも言えないんじゃないか、と思ったりしている。
単に加齢により性格が歪んでいるだけかな?
追記:最近なんだか、コメントが辛辣になってきたかも(⌒▽⌒;)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファンディスク談義

ゲームをするときは、飽き性なので、あっちこっちつまみ食いしたり、そのまま中断したりしてしまうのが常なのですが、昨年から今年にかけて、こんな私でも、中断せず、きっちり最後までしたゲームが3つあります

【二世の契り】
【華ヤカ哉、我ガ一族】
【STORM LOVER】

3作とも好評だったらしく、ファンディスクが今年発売されていて(【華ヤカ哉、我ガ一族】は今年12月予定)、ファンディスクも期待して買いました
他のゲームでもファンディスクを買ったことはありまして、あんまり期待しない方がいいかな、が、正直な感想でした
それでも、やっぱり気に入ったタイトルの“続編”ならば、やはり気になるのが人情。
瀬崎もご多分に漏れず、ゲーム会社の思惑にのせられることがしばしばあります

ファンディスクは、基本的に、
本編で描ききれなかったエピソードを主体としたもの
 例:【S.Y.K蓮咲伝】⇒主人公たちの前世エピソード
本編で攻略できなかったキャラを追加したもの
 例:【遙かなる時空の中で3 十六夜記】⇒本編で攻略できなかった敵キャラ平知盛が攻略可になる
に大別されるかと思います。
①はそのタイトルのキャラクターに思いれが強ければ楽しく、また、②は、私のような脇役好きには結構楽しめる要素は確かにあります
今夏、発売された【二世の契り~想い出の先へ】【STORM LOVER 夏恋!!】について言えば、【二世の契り~想い出の先へ】は①、【STORM LOVER夏恋!!】は②に当たります。
また、12月に発売される予定の【華ヤカ哉、我ガ一族 キネモザイク】は、公式を見る限りでは、①のパターンと②のパターンの両方の要素があるようですが、本編が非常に面白く楽しかったので、今から非常に楽しみにしています


【二世の契り】と【STORM LOVER】の各本編自体、ストーリーのコンセプト(楽しみ方)が全く違うので、そのファンディスクを同様に評価していけないのかもしれませんが、今夏発売の両ゲームのファンディスクを単純に評価すれば1勝【二世の契り~想い出の先へ】で、【STORM LOVER 夏恋!!】0.5勝かな
では、どうしてこんな評価かと言うと、少しネタバレが混じるので、下に隠します





【二世の契り】のレビューはまた後日書きますが、もともと、このタイトルは、歴史好きな私にとってツボであった上に、シナリオが非常に練られて、恋愛の成功よりも、恋愛の進展とともに進む歴史的事実を絡ませたストーリー展開が重要でしたので、恋愛が進むと増える甘い言葉なんてどうでもよくて(一部キャラ以外)、そのあたりはサクサク進めた記憶があります
Amazon等での商品紹介にあるように、この作品は【遥かなる時空の中で】で代表されるタイムスリップもので、恋愛の終着点は①過去に残る、と、②現代に相手が来る(所謂“お持ち帰りEND”)になるわけですが、このファンディスク【二世の契り~想い出の先へ】には、恋愛成功後のエピソードがしっかりと描かれていました
乙女ゲームは、恋愛の成功=エンディングのパターンが多く、いつも、エンディングを見ながら説明不足感を微妙に感じ、物足りなさを感じていましたが(【二世の契り】本編も同じ)、【二世の契り~想い出の先へ】で、これほど丁寧にそれぞれのエンディングの後日談を描いてくれたら、睡眠時間を削って、肩を凝らせてゲームをした甲斐がある、と言うものです
まぁ、少し減点的なものがあるとすれば、本編で攻略できなかったある方が、やはり攻略できなかったことかな
なので、まず1勝としました

【STORM LOVER】本編はある高校を舞台に個性的な上級性・同級生・下級生・先生との恋愛を描いていて、、“恋愛の成功=エンディング”ではなく、すぐにカップルになって、“いちゃいちゃする恋愛”を主体にしていますから、セリフの能天気さはすがすがしいほどで(笑)、慣れてしまえば中毒的に楽しめます
ファンディスクの【STORM LOVER 夏恋!!】は、夏の3日間のキャンプ中の、すでにカップルとなった状態の恋愛模様と、未カップルの状態の恋愛成立をプレイするわけですが、3日間と言う短期間のエピソードのために、ストーリーのかなりな中途半端感が否めません
本編で攻略できなかったキャラと一人キャラが+攻略可能になっていますが、それはオマケのようなものかな?
2人目で飽きて(笑)まだ、全員攻略していませんが、前述の理由によって0.5勝です

しっかし、この暑い中、なにやってんでしょうね、わたしは



スポンサーサイト

<< 【Last Escort -Club Katze-】 | ホーム | 今後の予定 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。