プロフィール

瀬崎史遊

Author:瀬崎史遊
同人歴はそこそこ長いが、だからと言って何か代表的にやってきたと言えるほどではない適当気侭な性格。
最近は同人活動のエネルギーが枯渇して、創作よりオトメイトさんとコーエーさんと親しくさせてもらう日々。
その中で、自分は正義側正統派元気キャラより、敵側S系陰険キャラの方が好きなんだと改めて自覚し、その歪んだ嗜好に『恋愛ゲーム好き』とも言えないんじゃないか、と思ったりしている。
単に加齢により性格が歪んでいるだけかな?
追記:最近なんだか、コメントが辛辣になってきたかも(⌒▽⌒;)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【忍び、恋うつつ】すっ飛ばしレヴュー♪

実はこの半年、一番楽しみにしていたゲームです
なんと言っても、瀬崎が一番リスペクトしている中村龍徳さんですから
まだ、最初のルートの途中なんですが、もう、書くしかない、って感じで、すっ飛ばしレヴューです

忍者+中村龍徳さんと言えば、【二世の契り】ですが、史実をもとにアレンジし、どちらかと言うとシリアスでシビアな内容だった【二世の契り】に比べると、この【忍び、恋うつつ】は主題が〝恋うつつ〟ですから、当然柔らかく、プレイしながらくすっとしてしまう展開が主のようです
イラストの色合いも、渋めの色彩だった【二世】に比べると、どちらかと言うとパステル調の淡い色合いが使われていて、〝恋うつつ〟そのもの
プレイ前は、【二世の契り】【源狼】とシビア路線にはまっていた瀬崎からすると、『せっかくの中村さんのイラストなのに、なんで、こんな軽い感じの乙女ゲームなんだろう』と、少々疑問にも思っていましたが、やってみると超面白い!!
声優さんが囁く甘い言葉が半端なく快感です
それに、元々素敵なキャラ設定の中村さんの立ち絵ですが、美麗なスチル絵が多い~

超お勧めです

忍び、恋うつつ (限定版)忍び、恋うつつ (限定版)
(2014/01/30)
Sony PSP

商品詳細を見る

スポンサーサイト

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。