プロフィール

瀬崎史遊

Author:瀬崎史遊
同人歴はそこそこ長いが、だからと言って何か代表的にやってきたと言えるほどではない適当気侭な性格。
最近は同人活動のエネルギーが枯渇して、創作よりオトメイトさんとコーエーさんと親しくさせてもらう日々。
その中で、自分は正義側正統派元気キャラより、敵側S系陰険キャラの方が好きなんだと改めて自覚し、その歪んだ嗜好に『恋愛ゲーム好き』とも言えないんじゃないか、と思ったりしている。
単に加齢により性格が歪んでいるだけかな?
追記:最近なんだか、コメントが辛辣になってきたかも(⌒▽⌒;)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【二世の契り】 キャラクターレビュー≪その1≫

 瀬崎には珍しく全8キャラクターを攻略しましたので、2つに分けて掲載します

 この≪その1≫では、軒猿と言われる上杉家に仕える忍群の4名のレビューをします。
 ちなみに掲載順は愛情順ではなく、愛情ゲージは文章の長さに比例しています

【暁月】voiceactor:近藤隆さん
【翆炎】voiceactor:津田健次郎さん
【秋夜】voiceactor:前野智昭さん
【雅刀】voiceactor:前田剛さん

以上、4名です。
ゲームをした方か興味のある方のみご覧ください

続きを読む »

スポンサーサイト

【二世の契り】

【二世の契り】

現時点で、このゲームと【華ヤカ哉、我ガ一族】が瀬崎史遊のお勧め乙女ゲームの双璧です

このゲームは、『恋愛の成功よりも、恋愛の進展とともに進む歴史的事実を絡ませたストーリー展開が重要でしたので、恋愛が進むと増える甘い言葉なんてどうでもよくて(一部キャラ以外)、そのあたりはサクサク進めた記憶があります』と、以前、このブログでも書いたように、それなりのストーリーの長さがある割には、選択肢もそんなに多くなく、また、変に捻くった選択肢もなく、乙女ゲームによくある攻略キャラにおもねるような選択肢もありません

また、主人公の“真奈”は、主体性や使命感はありますが、その他に特殊能力がある訳でなく、普通(ちょっと良い家)の高校生で、悩み、悲しむ姿は非常にわかりやすく描かれています

本編においては、ストーリー展開が速い分、キャラクターの描写が少々浅い部分があったのですが、今夏発売された【二世の契り~想い出の先へ】で、それは補完されておりましたので、このゲームをされる場合は、セットでされることをお勧めします

このゲームのキャラクター原案はいのまたむつみさんですがゲームキャラクター設定は中村龍徳さんで、この方の柔らかく伸びやかな描線と、淡く控えめであり渋みを持った色遣いが、この物語自体の舞台設定と合致して、非常に優れたビジュアルイメージを構成しています

声優さんも若手から中堅、ベテランと惜しみなく配役されていていますし、BGMも舞台の雰囲気に良く合い、どちらも一聴の価値は十分にあります

私はファンブックはほとんど買ったことがなかったのですが(高価なので)、この本編およびファンディスクのビジュアルブック、そして、サントラとドラマCDを買ってしまいました。
また、主人公の名を呼ぶことが、このストーリーでは非常に重要なポイントですので、プレイ時はデフォルト名でプレイされることをお勧めします

 以下、ゲームのネタバレレビューです。
 ゲームをした方か興味のある方のみご覧ください

二世の契り(通常版)二世の契り(通常版)
(2010/08/26)
Sony PSP

商品詳細を見る







続きを読む »

現在進行形のゲーム

ただ今、瀬崎がプレイしている、もしくは中断しているゲームは下記の通りです

・PSP クリムゾン・エンパイア
主人公のLV上げが面倒で(それをしないといきなりbadendになる)中断⇒再開の繰り返し中
・PSP マザーグースの秘密の館
ゲームそのものは他にないシステムで、声優さんも超豪華、攻略本が要らないぐらい簡単サクサク進むのですが、山場がなく飽きそうなので1人目で中断
・PSP 猛獣使いと王子様portable
攻略したいキャラが終わってしまったので中断。後はあまりタイプではない年下系ばっかりなので微妙
・PSP 維新恋華 龍馬外伝
一つ一つのシナリオが長くて手間がかかるので、1人目で中断。かなり癖のあるシナリオなのも中断理由
・PSP 雅恋
攻略したいキャラが終わってしまったので中断
・PSP 遥かなる時空の中で4
あとちょっとなんですが、まだまだ時間がかかるので中断中
・PSP 金色のコルダ3
主要キャラは攻略済みですが、なんせ攻略キャラが12名だし、残ってるのは好みじゃないので中断。時間があれば再開予定
・PSP いざ、出陣!恋戦
あと3人で、攻略したいキャラ(声優さん)なんですが、時間がかかるので中断
・PSP 文明開華 葵座異聞録
2人しか終わってないんですが、かなり癖のあるシナリオなので休憩中

・・・って、もっとあるので書いてもきりがない

中断の主な理由は上記の通りですが、瀬崎が不真面目かつ飽きやすいこと以外にも、瀬崎の精神状態とそのゲームが合わなかったり、声優さんの声が聞きたいばかりに購入していますので、コーエイさん以外の、ほとんどの乙女・恋愛ゲームがフルボイスのゲームなので、すべてのセリフを聞く絶対的時間が不足していることも、中断の理由です
ま、ゲームを次々購入しなければいいのですが、基本【限定版】を買うので、ほとんどが予約購入で、1か月に4作ぐらい買ってしまうこともあります

【Last Escort -Club Katze-】攻略キャラクターレビュー

 先に掲載しましたように、瀬崎が攻略したのは7名中4名になります 
 一人を除き、20歳代後半から30歳過ぎのようですね。
 瀬崎の嗜好傾向がそのまんま出ています

 攻略キャラ(攻略順)

【つばさ】voiceactor:立花慎之介さん
【流聖】voiceactor:てらそままさきさん
【レイ】voiceactor:中村悠一さん
【三ノ宮柊】voiceactor:諏訪部順一さん

以下、ネタバレレビューです

続きを読む »

【Last Escort -Club Katze-】

【Last Escort -Club Katze-】

 このゲームは、lastEscortシリーズの4作目にあたる、今シリーズでは唯一のPSPゲームです(多分)

 以前PS2で、ちょっとだけ別タイトルの【LastEscort】をした時には、『お金で歓心を買い、プレゼントで媚を売る卑屈なゲーム』なんて言う、まぁ、身もふたもない感想で、すぐに放置してしまったのですが、中古で他のゲームタイトルを購入するついでになんとなく買いました

 実は、申し訳ないことに、メーカーのDS PUBLISHER(以下DSP)さんに対しては、PS、PS2、DSといくつかゲームをしたことがあり、あまり評価は高くありませんでした。
 DSPさんの恋愛(乙女ではない)ゲームは、基本的に現実世界を舞台としており、ファンタジー的要素の強いオトメイトさん・コーエイさん系に比べると、キャラクターデザインやシナリオが微妙に垢抜けしていないイメージがありました。
 瀬崎はもともとSFやファンタジー好きで、オトメイトさん・コーエイさん系に関しては抵抗はなかったのですが、そちらに慣れ過ぎてDSPさんに対しては逆に違和感があったのかもしれません。
このゲームと、別にお勧めしている【STORM LOVER】は、お勧めできるゲームです

 例によりコンプリートはしていませんが、このゲームはキャラクター設定がが際立って面白かったので、ここにあげることにしました
 これは、D指定(17歳以上)の18禁ギリギリの年齢規定がしてあるように、大人の女性と大人の男性(ホスト)のタイトルとしても内容としても“大人の恋愛ゲーム”です。したがって、キスだけでなく、Bed inを匂わせる描写もあります。
 隠しキャラを含め、主人公(プレイヤー)も起業したばかりの大人の女性で、7名のホストとの恋愛模様を楽しむ流れになっています。隠しキャラに興味がなかったので、攻略完了したのは4名です。
 また、1年ほど前の記憶ですので、ちょっと曖昧な部分もありますが、以下、ゲームおよび攻略キャラクターのネタバレレビューです。
 ゲームをした方、または、どんなキャラクターか興味のある方のみご覧ください

ラストエスコート -Club Katze-(通常版)ラストエスコート -Club Katze-(通常版)
(2010/02/18)
Sony PSP

商品詳細を見る


続きを読む »

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。