プロフィール

瀬崎史遊

Author:瀬崎史遊
同人歴はそこそこ長いが、だからと言って何か代表的にやってきたと言えるほどではない適当気侭な性格。
最近は同人活動のエネルギーが枯渇して、創作よりオトメイトさんとコーエーさんと親しくさせてもらう日々。
その中で、自分は正義側正統派元気キャラより、敵側S系陰険キャラの方が好きなんだと改めて自覚し、その歪んだ嗜好に『恋愛ゲーム好き』とも言えないんじゃないか、と思ったりしている。
単に加齢により性格が歪んでいるだけかな?
追記:最近なんだか、コメントが辛辣になってきたかも(⌒▽⌒;)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寒い日が続きます・・・

通販をお申し込みくださった皆様、まことにありがとうございます。
発送はなるべく早めに、と、心がけておりますが、多少遅れてしまうことがあり、申しわけなく思っております

今回、再録をまとめるにあたり、ざっとですが自分自身の作品を読み直してみて、書いていた当時の考えがよく思い出される作品と、今となっては、なぜこのような内容になったのか(悪い意味ではなく)思い出せない作品もありました
オフラインの作品の、大人りん設定の作品は、どうしても創作部分が多くなり、また文章も長い分、設定等の資料を集めることから始まって、それなりの時間がかかってしまいます
したがって、それなりに記憶はあるのですが、こどもりんの作品は、原作の幕間設定であったり、原作の一コマからの発想であったりするので、なんだか勢いでかけてしまうことも多く、案外、書いた時の記憶があいまいだったりします
でも、書きやすいのは、こどもりんです
齢を経てひねくれた私にはとうに喪われた純粋さ、優しさ、甘やかさを心の中心に据えてりんを描くのは、自己満足ながら、自分自身の気持ちも、少しは復旧できるのかもしれませんね
スポンサーサイト

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。